多くの方々の幸せを願い、心を込めて。
  • 「百福庭園」の"百福"とは幸せが一杯に多いことを意味が込められています。
    かつてこのお庭は京鐘ブライダル館の道なりにあった古い京町家でした。そこには今ではほとんど産出されない
    5tほどあろうかと思われる幻のパワーストーン、貴船石と鞍馬石という偉大な産物が眠っていたのです。

    We put our hearts into hoping for happiness of people.
    "Garden of hundred fortunes" is a garden that in its name conveys the meaning of being repeatedly blessed by plenty of luck.
    Our company has acquired a traditional Kyoto-styled house located right next to the Kyokane bridal house.
    It is in this location that what has been called "power stones of wonders" have been found and still lay.
    These stones grew naturally there and are estimated to weight even more than 5 tons each.

  • そこで近代日本庭園の先駆者とされる作庭家として名を馳せておられます
    「造園 植治 十一代当主 小川治兵衞」先生に依頼し、今までの伝統技術を生かしつつ、ついに素晴らしい再生を果たしたのです。

    These stones, great fruits of nature which have been buried undersoil until now,
    are here brought back to life in all their magnificence by the splendid work of some of the most famous landscape gardeners.
    Among these pioneers in the field of modern Japanese gardening, is notable the work of master Ogawa Jihei,
    current 11th chief in charge of the Ueji Landscape Gardener family.
    He assures us to make best use of all the traditional techniques known until today.

  • 今ではこの世に存在する「対」になる要素を盛り込みつつ、
    一つ一つ意味のある自然を活かした喜びあふれる そして、一組一組に幸せをもたらせてくれる和庭園となっております。

    We can proudly present as a result of his splendid work a Japanese-styled garden equipped
    with power spots in order to convey happiness to everyone.
    The garden overflows with joy, enhanced by the presence of natural landscapes in each of which are expressed specific meanings,
    and enriches the preexisting opposite natural elements of this world.

  • それはまさに、小川治兵衞先生の素晴らしい技術だからこそなせる技。
    ここはまさに、お客様、地元の方々、そして弊社社長やスタッフの想いを存分に込めた京鐘パワースポットです。

    Since we can count on such an ability as the incredible technique of master Ogawa Jihei this place is blessed
    by the infinite affection of customers, people living in this city and also the staff and the chief of our company.
    And this is what Kyokane power spots are.

「緑」と「運」を運ぶ10の幸福
京鐘邸ができるまで

この世に存在する「対」になる要素を盛り込み意義ある自然の変化が素晴らしい「縁」と「運」を結んでくれます。
植治・十一代当主小川冶兵衛氏の伝統技術に込められた深い「想い」と私達の熱い「想い」を込めて創りあげた平成の和庭園です。

By combining the opposing elements preexisting in this world with the transformations present in nature, wonderful bonds between people
and their destiny can be linked. Our Heisei era-styled Japanese gardens are made by making large use of the traditional techniques of Ogawa Jihei,
currently 11°chief in charge of the Ueda family. Ogawa Jihei himself, full of fervent love and profound devotion, assures us that
from every single tree to every single blade of grass, this garden had been shaped on life and nature.

  • Building contiguous to Kyokane bridal house before renewal near Ginkaku-ji Temple.

  • Some stones of the garden and an old lantern half-buried underground before being arranged.

  • Back to the Meiji Era, when for the first time in Japan the tram ran through Kyoto city. The important Shijo and Horikawa stonecolumnsthatwereremovedatthetimeto make way to the tram way.

  • Measuring the weight and the size of the stone. It is important to understand how to correctly orient the face of everysinglestone.

  • Explanation of the image sketched. Various power spots are present.

  • The conceptual map designed by Ogawa Jihei himself. The concept make the gigantic Kibune stone central of a harmonization with a connected water fall.

  • Stones, stone basils and even weed is here arranged until it is all brought back to be a garden again.

  • Turning upside down the stone pot. As water drips through it the drips resonate as in a dream, like a water harp.

  • We can't help but being entranced by the amazing view of stones of the weight of even more than 5t being moved by human forces alone.

  • If we to dig up the Kurama stone we can see traces of blade cutting. This is something incredibly precious which is rare to obtain nowadays.

  • For the lifting operation three cypress tree trunks have been let dry out for half an year, selected for being straight, solid and able to substain 5 t are finally planted in the ground in order to pull up the stone.

  • And once the Kabukimon is finally erected we approach to the completion of power spots.

「自然からの恵みを源に植治流のお庭作りが始まります」の理念に基づき、江戸時代よりお庭作りを手掛けられた植治を1970年に11代小川治兵衞を引き継がれました。造園植治 当主としてご活躍されています。1979年11月 秩父宮妃殿下、高松宮殿下・妃殿下、三笠宮殿下・妃殿下、三宮家御揃いの「佛光寺本山・九条家」御成の御手植え(御用命を賜る)。

Growing their philosophy out of the principle: "Ueji-styled landscape gardening work starts from the inspiration we get from the mercy of Nature". Ogawa Jihei succeeded in 1970 as the 11th master of the Ueda family, dealing in garden's building since Edo era. He is now in charge of landscape gardening as the headmaster.

平成8年
天皇皇后両陛下「霞中庵」行幸啓。
平成16年
『「植治の庭」を歩いてみませんか』を監修。
平成18年
小川治兵衞 襲名
平安女学院大学 文化創造センター 客員教授就任
平成23年
「みやこの文化知事賞」受賞
京鐘「百福庭園/京鐘邸」完成
初代
小川治兵衞 宝暦年間(1751縲鰀1763)より作庭にて生業を立てる。
7代
小川治兵衞 - 源之助 -(1860縲鰀1933)
《作庭》山県有朋邸(無鄰菴)、平安神宮、円山公園、西園寺公望邸(清風荘)、市田弥一郎邸(對龍山荘)、 古河虎之助邸(現 東京都旧古河庭園)、浅見又蔵邸(慶雲館)以上、国定名勝指定庭園、住友家、三井家、岩崎家、細川家、藤田小太郎邸(現 洛翠)、並河靖之邸(現 並河靖之記念館)、稲畑勝太郎邸など
《復元修景》京都御苑、修学院離宮、桂離宮、二条城、清水寺、南禅寺、妙心寺、法然院、青蓮院 など
8代
小川治兵衞 - 保太郎 -(通称白楊)(1882縲鰀1926)
伏見桃山御陵、野村徳七邸(碧雲荘)、清浦圭吾邸(喜寿庵)、下郷伝平邸(清流亭)、岩崎久弥邸 など
9代
小川治兵衞 - 治郎 と その妻 君子 -(1912縲鰀1944)
都ホテル、大原孫三郎邸、近衛文麿邸(陽明文庫)、岩崎小弥太邸、長瀬伝三郎邸、鮎川義介邸 など

京鐘ブライダル館隣接地にご縁を頂き、歴史に残る国の名勝、そして近代日本庭園の先駆者で、有名な作庭家の「造園 植治」十一代目当主:小川治兵衞氏に、小さな平成のパワースポットをお創り頂く栄誉に預かったことを機に、お庭を【百福庭園】と命名しました。小さいながらもひとつひとつ丹念に丁寧に創りあげた、思いの詰まったこのお庭から、日本人古来のDNAが目覚め、心の平和と絆が生まれて人生のメモリアルをお楽しみ頂ける場になればと願ってやみません。四季折々の風情を愛でてくれます百福庭園が、訪れて下さいます皆々様にパワースポットとして良きご縁を結んで頂けますよう心より祈念しております。

Since Kyokane company had born, dealing with kimono textile business, they always kept their interest in this field. Taking into great account the history of tradition cultivated until now while keeping an eye on the development of the Japanese dress in Kyoto and contributing to the development in the area for everything that concerns high class ceremony. Kyokane has always been putting a peculiar effort in making the dreams of the customers come true. For example setting the ceremony photo shooting in famous word cultural heritage Shinto temples seems to be greatly appreciated by our customers and this is a honor to us since "To satisfy our customers is our happiness" is our motto.

明治40年
辻金蔵が辻金商店として西陣に創業
昭和11年
辻はつ、及び、辻辰二郎が呉服小売業を創業
昭和38年
辻辰二郎が「株式会社京鐘」法人設立
昭和43年
辻有光が「株式会社京鐘衣裳」法人会社設立
平成3年
「センチュリーホテル衣装室」開業
平成6年
第1回「ブライダルファッションショーJAPAN」KBSホール。京鐘オリジナルドレス「JAPAN]制作発表
平成7年
第2回「ブライダルファッションショーJAPAN」祇園歌舞練場
平成8年
第3回「ブライダルファッションショーJAPAN」みやこめっせ
代表取締役社長急遽に伴い、辻順子が代表取締役に就任。
平成10年
第4回「ブライダルファッションショーJAPAN」みやこめっせ
京都ブライトンホテル並びにホテルブライトン山科と指定店契約。官庁、組合、民間企業等80社と提携
平成11年
第5回「ブライダルファッションショーJAPAN」シアター1200
JTB業務提携、滋賀県労働者福祉大作協議会と契約(企業348社と契約)
平成12年
第6回「ブライダルファッションショーJAPAN」シアター1200
平成13年
「京鐘ブライダル館」新店開設。「京都想い出結婚式」和婚式プロデュース事業立ち上げ
平成15年
ホテルルビノ京都堀川内に衣装室開設。松尾大社衣装室開設。「写婚式」事業立ち上げ
京鐘ブライダル館3周年記念フロアーファッションショー開催。
平成18年
「京鐘銀座店」新店開設
平成23年
「京鐘邸百福庭園」開設
平成24年
想い出結婚式の挙式提携社寺が増え、全国70社寺となる
イタリアのロムアルド・デル・ビアンコ財団とライフ・ビヨンド・ツーリズムの活動に参加
財団日本事務局を百福庭園の京鐘邸に設立
フィレンツェにて開催された「ファッションカンファレンス」に京鐘オリジナルドレス「JAPAN」を発表展示
平成25年
ロムアルド・デル・ビアンコ財団国際学術会議センターオープン式典へ招待される
辻有光の財団活動の貢献を偲び、コッピーニ館ルーム名に「辻有光」
→Arimitsu Tsujiと命名される
アクセス

〒606-8275 京都府京都市左京区 北白川上別当町3 TEL.075-711-1151

3, Kitashirakawa Kamibettocho, Sakyo-ku Kyoto-shi, Kyoto, 606-8275, Japan

ビヨンドツーリズム

世界の文化財・文化遺産を守り、その価値を世界に発信する国際的な非営利文化プロジェクト

ライフ・ビヨンド・ツーリズムは、世界の文化遺産の保全と活用を目的とした
異文化対話のための国際的なプロジェクトです。
この活動を通じ、世界の各地域がこれまでの文化と価値の重要性を「理解」し、
さらにそれを「発信」することで、世界中の文化とその存在価値を伝えていきます。
 

日本公式サイト: http://www.lifebeyondtourism.jp/
イタリア公式サイト: http://www.lifebeyondtourism.org/

見学・お問い合わせ

百福庭園では多くのみなさまの幸せを願い、さまざまな利用シーンに合わせてお庭を解放しております。
京町家から眺める四季折々の美しい自然の中で、風情溢れるなごやかなひとときをお過ごしください。
その他にも展示会やブライダルなどのお写真撮り、個展、会議などさまざまなシーンでご利用いただけます。
まずはお気軽にお問い合わせください。

We wish your great happiness, and open our garden according to various usage scene in Hyakufuku Garden.
Please spend a sociable and quaint time in beautiful nature for all four seasons viewing from a Kyoto machiya.
Additonally, you can use there for exhibitiona, photo shooting for bridal,personal exhibitions, conferences, and so on.
First,please feel free to contact us.

 

以下のメールフォームに必要事項をご記入のうえ送信してください。

Please fill out the necessary information of the following form and confirm it.

※マークがある項目は必須項目となります。

The items with ※ mark are the necessary information.

ご利用シーン

the usage scene

お写真撮り(写婚式) photo shooting(photo wedding) ご見学 visiting tour
会場のご利用 use the hall その他 other
ご希望日

date

  未定
お名前

name

姓 last name 名 first name
ふりがな

furigana

せい last name めい first name
お電話番号

telephone number

- -
メールアドレス

mail address


(確認のため再度入力をお願いします。 Please retype a mail address for confirming the information.)
コメント

comment